暗夜行路のブログ★

ダメ人間のぼやきです。

黒き雪降る温泉山脈~月下氷人~

山紫水明 山名水秀 錦秀河山 国語の時間に習った四文字熟語が頭をよぎる。 視界一面が、果てのない深い新緑に覆われ。遠くを見渡せば、壮観絶大の峩々たる山峰が聳え立つ。 異界化と呼ばれる現象によって、兎小屋のように小さな‘東狂‘が、無間に続く幽玄の秘…

祖父の一周忌 ~古典風日記始めました~

祖父の一周忌 先週、祖父の一周忌があった。 丘陵の中腹にあるその寺院は、お世辞にもいい門構えとは言えないが、外の展望は美しかった。 空は*縹緲と蒼く澄み渡り、眼下には無数の*大廈高層の建築が聳え立つ。以前は海を眺めることもできたそうだが、今では…

小説を書き終えたので、カクヨムに投稿しました

The Mannequin つつましやかな民衆達の微笑みが溢れる、クリスマスの出来事。 つがいのいない、二人の侘しい乙女は美を求めてThe Mannequinの扉を開く。 その扉を開闢したものに齎されるのは、華のように散り逝く艶やかさではなく。未来永劫に保たれる永遠究…

Doll shop その②

恐る恐るではあるが、彼女も仕方がなしにdoll shopの扉を開く。 館の中は、沈鬱な暗闇に包まれていた。触ったら煤が付くのではないかと勘違いするくらいに、深い漆黒である。 「ねえ和子、どこいったの?」 不安げに辺り見回す。 かび臭い淀んだ空気がフロア…

doll shop その① ※文字の練習のため短編小説を執筆

Doll shop ※二次創作小説です。 冥冥とした闇夜に、燦燦としたクリスマスのイルミネーションが輝きを放つ。 光は暗闇の中で輝いている。だが、暗闇は光を理解しなかった。 「どこもかしこも人ばっかりね。それに和気あいあいとしたカップルの群れ・・・・。…

我が胸の奥の底には

師走の木枯らしが吹き抜ける寒さが、肌に凍みる。 茫漠とした気持ちで、私は寂れた路地を歩いていた。 冬は陽が傾くのが早い。一日が、夏場よりも短くなったような気がする。 私の襤褸のコートを何年も使いまわし、裾には穴が空いていた。ジーンズも、毎度同…

私と全集②

私と全集② 思い付きで、なんとなく書かせていただいております。 今日は行政書士の勉強もあまり進まず、今読んでいる泉鏡花の婦系図(現代日本の文学Ⅱ-1)も、低血圧のせいかどうにも頭が回らず読み進めないでいる。 戸川幸夫動物文学全集を読み終わったのち、…

私と全集①

学研から出版されている。現代日本の文学50巻をなんとか読み終えられました。なので、その記念にひとつ書いてみようと思います。 ↑近所の図書館で撮ったものです。 なんだかまあ、自己満であって自己満なのですが。ちょっとした記念に、どういう経緯で全集を…

折り紙

小さい頃、結構ユニット折り紙が好きだったのですが、最近暇になってまた折り初めています。 読書や勉強は、こまめに休憩しないと出来ないのですが、折り紙は不思議とあまり休憩せずともできるのですよね。 今日は折り紙と、現代日本の文学「石川淳」を読ん…

勉強の合間に

折り紙折ってます。 大人になってからは、あまり複雑なものは折らなくなりましたが、配色を考えるだけで結構楽しめます。 暇があるって本当にいいですね。 ↑携帯からの画像を載せると、なんでだか横向きになってしまうのですよね。 あーあ。 本当に人生どう…

悲しき元SWMGR

こうやってブログを作ってみたのの、更新頻度はかなり低い。 ブログを書くのであれば、他のことをしてしまう。 最近は、行政書士に興味を持っているのでそちらの勉強をしたり、趣味の文学全集を読んでいるとあっという間に時間がとられてしまう。 現状無職な…

共生舎に行ってきました

共生舎に行ってきました♪ かなり久しぶりにブログを更新するので、なんだかまとまりのないものになりそうです。 ・・・・且つ、あんまり説明が上手な人間ではないので、どうなることやら。 共生舎に行こうと思ったきっかけ 今月いろいろとあって無職になり…

現代日本の文学47その2~芽むしり仔撃ち~

現代日本の文学47その2 現代日本の文学 (47) 安部公房・大江健三郎集 けものたちは故郷をめざす 魔法のチョーク 他 作者: 安部公房,大江健三郎,足立巻一,伊藤整 出版社/メーカー: 学研 発売日: 1978 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今更なが…

平井和正「幻魔大戦」

「幻魔大戦」この言葉を聞いて、ピンと来る人はそうそういないだろう。 かくいう私も、kindleでSF小説を掘り漁っていたら見つけた作品なのだが、読んでみたらなかなか面白くて、まだ最初のシリーズだけではあるが、20巻を読み通すことができた。 (角川文庫…

現代日本の文学47~けものたちは故郷をめざす~

学研「現代日本の文学47“阿部公房・大江健三郎”」 どうにも今夜は神経が高ぶって、読書が進まない。 ・・・・・なので、以前に読んだ本の感想でも一つ書いてみたいと思う。けものたちは故郷をめざす (新潮文庫 あ 4-3)作者: 安部公房出版社/メーカー: 新潮社…

ブログを始めてみました。

ブログ始めてみちゃいました♪ まったく何から手をつけていいのかわかりませんが、ブログを始めてみました。 主に、読書感想文みたいなものを書いていけたらいいなあと思っています。 昔から、少なからず文学や思想に興味関心を抱いていたものの、あまりそう…