暗夜行路のブログ★

ダメ人間のぼやきです。

私と全集②

 

私と全集②

 
f:id:nozomigouhassin:20171031173009j:image

 

 

思い付きで、なんとなく書かせていただいております。

 

 

 

今日は行政書士の勉強もあまり進まず、今読んでいる泉鏡花婦系図(現代日本の文学Ⅱ-1)も、低血圧のせいかどうにも頭が回らず読み進めないでいる。

 

 

 

戸川幸夫動物文学全集を読み終わったのち、似たような本はないかと探していたら、図書館で講談社から発行されている「世界動物文学全集(30)」を発見した。戸川幸夫の全集が15巻だったので、巻数はその倍になる。

 

 

 

漠然と自然に興味があった時期なので、早速ヤフオク30巻揃いで売っていないか確認した。確か、7000円くらいで買った気がする。

 

 

 

「古きよき時代の懐かしい古典から、現代に至るさまざまな秀作を網羅し、自然回帰への渇仰に応える空前絶後の集大成」と、帯に書いてあった言葉がなんとも全集らしい。

 

 

 

当時は就活もせず、大学での友人付き合いも皆無だったので、本を読む時間は大いにあった。バイト代は殆ど大学の学費に消えていたため、趣味といえば金のかからない読書くらいなものだった。

 

 

 

ジャングルブック」や「ジェニィ」のような児童書に近いものからノンフィクションの「私のルーファス」「愛しのエルザ」「野生に帰れ」非常に難解な「自由の大地」など。動物文学というテーマを基準に、様々な小説を集めたものになっていた。

 

 

 

最初に読んだのはバイコフの「偉大なる王」だったと思う。しかし、動物文学のなかでも非常に有名な小説のはずなのだが、イマイチ内容を覚えていない、ジャク・ロンドンの「白い牙」や「野生の呼び声」の内容はよく覚えているのだが、なぜだろう。

 

 

 

逆にあまりメジャーではないと思われる「クマオンの人食いトラ」のトラ狩りの話や「霧の中のトラ」のような、トラが檻から脱出して大騒ぎになる話はよく覚えている。全集のいいところは有名な話から、知名度は低いものの読んでみると面白い作品に出合えるところだろうか?

 

 

 

先ほど難解な作品だと指摘した「自由の大地」(ロオマン・ギャリイ著)などはその一例だろうか。この巻はほかの巻よりも分厚く、時系列が前後する部分が多いので読むのに苦労する。巻末の解説にも

 

 

 

アンドリッチの「子羊アスカ死の舞踏」で少々戸惑いを覚えた読者は、スワースアウトの「動物と子供たちの詩」で困惑を深め、この「自由の大地」で大石に頭をぶつけたような気になり、困惑を通り越して腹を立てたのではないのだろうか。

 

 

 

と指摘している。

 

 

 

しかし、この自由の大地はフランスの文学賞である「コンクール賞」を得るなど、世間的な評価は悪くない。

 

 

 

主人公のモレルは仏領赤道アフリカにおいて象の保護を訴えるのだが、やがてテロ活動に発展。一時は現地人の賛同を得るものの、実際は両者の考えに乖離が生じており、主人公のモレルは最後に孤立化することになる。確かそんな話だったと思う←話を要約して分かりやすく伝えるのって難しいよね。

 

 

 

また、モレルと行動を共にしていた現地人のワイタリの言葉が印象的だった。

 

 

 

しかし、私たちは、今なお子供たちを食べにやってくる前史時代の象やライオンと時代を同じくして、いろいろなお守りなどを大切にする無知の中にうずくまる大陸ではなくて、前進しつつある大陸となりたいのです。ジャングルは私たちにとって追い払わなければならない害虫です。私はあなたがたが素晴らしいと叫ぶそれらの動物どもの打ち殺すに少しも後ろめたさを感じません(P323)

 

 

 

それに対し

 

 

 

自然の尊重ということがどういうことかを理解するには、沢山の血を流さなくてはなりません。あの若者たちは実際あらゆる勉強にも関わらず的が外れておりました。もしあの生意気盛りの青年たちが、自然保護のために一生をかけるという気持ちにまだなっていなかったとしたら、それは彼らがまだ自分でそれほど苦しんでなかったからなのでしょう(巻末より)

 

 

 

自然保護を簡単にはいうものの、それを実際に理解するには、様々な苦難の過程を経なければならないということだろうか。ワイタリのような知識層からしてみたら、自分の故郷が無知で前時代的な境遇に置かれているのは納得できないだろう。しかし、発展の反面。自然は開拓されていかなければならない障害物である。ということだろうか?

 

 

 

環境倫理を考えていくうえでも、世界動物文学全集は役に立ったと思う。日本の戸川幸夫の動物文学全集に対し、世界動物文学全集は西洋の思想を主に重点を置いているので、キリスト教的な発想が強いように思われる。

 

 

 

動物救出大作戦のような、ダムに沈むジャングルの動物たちを保護しようとする活動は、旧約聖書ノアの箱舟に酷似している。創世記にみられるように、人間は自然や動物を管理するために創られたという考え方があればこそ、こういった活動が存在するのではないだろうか。

 

 

 

まだまだ書き足りないような気もするが、なんだかもう疲れてきてしまった。

 

 

 

世界動物文学全集を読んで、いろいろと考えさせられる節はあった。特にこの全集は巻末のあとがきの内容が鋭いので、そこだけ読んでみて、興味の持てそうな作品を読んでみるのもアリかも知れない。

 

 

偉大なる王(ワン) (中公文庫)

偉大なる王(ワン) (中公文庫)

 

 

 

 

野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)

野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

白い牙 (光文社古典新訳文庫)

白い牙 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

自由の大地〈上〉―天国の根 (1959年)

自由の大地〈上〉―天国の根 (1959年)

 

 

 

自由の大地〈下〉―天国の根 (1959年)

自由の大地〈下〉―天国の根 (1959年)