暗夜行路のブログ★

ダメ人間のぼやきです。

Doll shop その②

恐る恐るではあるが、彼女も仕方がなしにdoll shopの扉を開く。

 

館の中は、沈鬱な暗闇に包まれていた。触ったら煤が付くのではないかと勘違いするくらいに、深い漆黒である。

 

「ねえ和子、どこいったの?」

 

不安げに辺り見回す。

 

かび臭い淀んだ空気がフロア一帯に充満している。店舗が営業している様子が全くない。

 

和子は一歩一歩を踏みしめながらdoll shopの内部に侵入していく。

 

ぎし ぎし ぎし と、床の軋む音が嫌に響いた。

 

「もう帰ろうよ・・・・」

 

不安の混じった和子の嘆願は、闇の中へと消えていく。

 

「泉?」

 

和子の目の前に、泉らしきぼんやりとしたシルエットが現れる。

 

店の中は、窓から照らし出される月光だけが光源だった。

 

微かな幽玄たる月漏光が、彼女を艶めかしく映えさせる。

 

「さあ、もう帰ろう。また今度、他のエステサロンを探そうよ」

 

和子は泉の手を取った。

 

 

「・・・・・・・!」

 

 

彼女の手を握ったとたん。掌から電流が疾走し、背筋を伝わり全身が震え慄く。

 

泉の手が、無機質で陶器のような肌触りを宿しているのだ。

 

 

「い ひ あああ」」

 

 

和子は喉の奥から奇妙な声音を発し、血の気の通わない彼女の掌を投げ出した。

 

 

ごろん がた

 

 

泉のようなシルエットを持つ物体が、不自然な姿勢で床に倒れる。

 

人間の関節の動きを無視した、軟体生物のような不自然な形状の物体は、ショーウインドウなどに展示されているマネキン人形だった。

 

「・・・なにこれ、気持ち悪い」

 

和子は眉をひそめ、その物体を睨めつける。

 

女性の形をしたプラスチックの物体は、月夜に照らされて*玲瓏の光沢を放つ。

 

生物に非ざるマネキンの身体は、生命なき石鉱の不気味さと、ある種の妖艶さを漂わせていた。

 

和子が唖然としてその人形を見下していると。舞台の照明が点灯されるが如くに、部屋の中が明るくなる。

 

和子は突如として、鮮やかになった光景に瞼を細めた。

 

「お客様、お待たせいたしました」

 

か細い女の声が、どこからともなく聞こえてくる。

 

いつ、この部屋にはいってきたのだろうか?

 

部屋の一隅に、幽艶とも言うべき淑女が頭を垂れてお辞儀していた。

 

マネキンのような白い肌に、清流のような黒髪が、陰と陽とでも言うべき対極美をなしている。

 

齢は全く見当もつかない。若齢でもあり、それでいて成熟した大人の艶気を醸し出している、*傾城傾国の美女だ。

 

「これから、泉様の*転生をご覧いただきたいと思います。どうぞ、こちらへお進みくださいませ」

 

美女は、恭しく一つの扉を指名する。

 

それは血のような深紅色で「手術室」と書かれていた。

 

 

*玲瓏 玉などが透き通るように美しいさま

 

*傾城傾国 絶世の美女の例え

 

*転生 生あるものが死後に生まれ変わること。転じて、美しく生まれ変わるという意味で使わせていただきました。