暗夜行路のブログ★

ダメ人間のぼやきです。

黒き雪降る温泉山脈~月下氷人~

山紫水明 山名水秀 錦秀河山 国語の時間に習った四文字熟語が頭をよぎる。

 

視界一面が、果てのない深い新緑に覆われ。遠くを見渡せば、壮観絶大の峩々たる山峰が聳え立つ。

 

異界化と呼ばれる現象によって、兎小屋のように小さな‘東狂‘が、無間に続く幽玄の秘境へと変化したのだ。

 

靴から伝わる山道の感触。下界とは違うひんやりとした空気。叢林から発せられる爽やかな樹香。五感を刺激する、一切全てのものに興味が尽きない。

 

私は‘自我‘をもって、まだ半年程度しか経っていない。なので、世界がなんたるかを殆ど知らないのだが。この筆舌しがたい山峰の壮麗さの前では、ただ眼を丸くするばかりだった。

 

それに、たわいもない無駄話に花を咲かせながら、みんなと登山するのは胸が躍るように楽しいものである。

 

ジン先生の頭頂部が、段々薄くなっている話やら。ケンゴの赤褌が盗まれて、イエローウルフのロッカーから発見されたことだとか。リョウタでも食べれなかった、イギリス料理と肩を並べるほどのまずい学食の話etc・・・・・・

 

学校という閉ざされた空間にあって、こんなにも話題が尽きないものかと驚いてしまう。私たちは、若葉が芽生える青春を謳歌している。

 

ここに大人たちがいれば、私たちを羨望の眼で見つめることだろう。

 

こんな談笑が飛び交う中。リョウタが股間をもぞもぞとさせて、態度で何かを訴えたときは、涙が出るほどおかしかった。いわゆる「放水」を催したらしい。

 

私のように紅一点でも女が混じると、それを言うのが憚られるようだ。私はわざと、眼下に広がる絶景を眺めるフリをして、彼らに「トイレ休憩」を与える。

 

とたんそわそわと、男たちが森の中をかき分ける音が聞こえてきた。私は笑いを堪えながら、彼らの仕草が完了するのを優雅に待つ。ことが終了次第、私も「*花摘み」にいこうかしら。

 

みんなの朗らかな笑い声が、鳥の囀りのように森の中を賑わす。東狂の殺伐惨憺とした世界を忘れることができる、太陽の木漏れ日が溢れる麗らかなひと時だ。

 

しかし、かくも屈託のない「登山遠足」は。山が地滑りを起こすかのように、突如として終焉を迎える。

 

誰の企みであろうか。異界化が異界化を誘発させ、幾多の生命を養い育ててきた、母なる深緑の景観に穴を開け。漆黒の絶望が支配する世界が、荒れ狂う山嵐のように躍り出たのだ。

 

このようにして、かの慄しき魔王が玉座に就くと噂される。全てがとこしえに氷と雪によって閉ざされた禿山が、私たちの眼前に立ち塞がったのである。

 

 

*花摘み 女性が催すときに使う言葉

 

_________________

 

 

またpixivで二次創作でもしようかと思って、某放課後サモナーズのイベントにあやかってプロローグを作りました。

 

基本的に自己満足です。というか、こちらの人は基本的に〇〇〇を求めているので、僕の様な文体の人はあんまり歓迎されないのですよね~

 

・・・いや、基本的にわたくしの能力不足でしょう。

 

カクヨムに投稿した作品も、あまり受けはよくありません・・・・しかし、露骨にツイッターで宣伝するのも恥ずかしいので、こんなものかなあと妥協しています。

 

ネットの世界でも、あんまりわたくしは積極的になれません。基本的に、わたくしは自分の内面に埋もれる傾向にあります。

 

・・・・しかし、こうやって起の部分が書けた所で。転結と纏めることが飛んでもなく難しいもんです。あとは語彙力を保つこと、これも大変ですね。

 

 

自分は結構文字を打つのが遅いので、そういう所も悩ましいなあ。文字の修正も多いです。

 

 

とりあえず、気楽にやっていきたいと思います。